パチンコ 感謝

パチンコ 感謝

 俺が落ち着いてどうするんだってちょっと思ったけど、サヤも話して、気を紛らわせているのかもしれないと思い直す

 しばらくそんなことを続けていると、会話が途切れ途切れになってきた

あなたも好きかも:スロット モンキーターン3 評価
眠たくなってきたのか、話が途中ふらふらと彷徨(さまよ)う

そして……

「さっきは……レイシール様が、ちょっとカナくんみたいでした……」 何度か聞いた名前を、口にした

「……カナくん?」「……怖い人から、助けてくれた、幼馴染……

 ……少林寺も、カナくんが、教えてくれて……

 家にこもる私を、カナくんが、引っ張り出すの……」 サヤの声の調子が気になって振り返る

 すると、とろりと瞳を閉じかけたサヤが……

「怖がるだけやあかん……逃げるから怖いんやて……」 ツン……と、髪が引っ張られる

あなたも好きかも:親 パチンコ やめさせたい
サヤの指に、俺の髪が絡んでいた

あなたも好きかも:タイホー パチンコ cm
クルクルと、巻き付くように

「戦こうてみれば、なんぼのもんでもないんや、強うなれば……怖ぁないって

 私のこと嫌うてるけど…………優しいの」 それだけ言って、そのまま瞳が閉じて……雫が一滴、零れ落ちる

 …………なんだろうな、これは

 なんか、変な気分だ