北斗の拳 スロット けんおう

北斗の拳 スロット けんおう

それをみんな見てる」 声を押し殺して泣くサヤを、抱き締める

 そうしながら、考えていた……

 マルに知識が無いなんて事態が、立て続いていることになる

 サヤのように、異界からこちらに渡って来た人の話は聞いたことが無いと、彼は言ったのだ

 おかしい……

 いくらなんでもおかしい

 マルは優秀だ

あなたも好きかも:東京 スロット ゲームセンター
吠狼という諜報組織まで有している

あなたも好きかも:パチンコ キーパー
なのに、探れない情報なんて……

 可能性として考えられることは、数少ない

あなたも好きかも:ストリートファイター パチンコ 399
 ひとつは、マルが俺に、本当のことを話していない可能性

 もうひとつは、マルの探れない情報が全て、神殿絡みである……という可能性だ……

 ◆ サヤが落ち着くまでずっと抱きしめていた

 寝台に横になり、泣く夜着一枚の女性を抱きしめているなんて……普通に考えれば相当な状況なのだけど……

 この時の俺は、それに構っていられる心境ではなかった

「……サヤ、ブローカーという言葉は、サヤの国にもあるの」 そう問い掛けたら、サヤの呼吸がピタリと止まる