昭和区 パチンコ イベント

昭和区 パチンコ イベント

「換喩」とはある事物を表すのに、それと深い関係のある事物で置き換える比喩です

「青い目」で「西洋人」を、「鳥居」で「神社」を、「金バッチ」で国会議員を、「桜の代紋」で警察を表したりします

そのものを語るときにその一部を使って呼ぶ、いわゆる「あだ名」「二つ名」ですね

 子どもの頃に気に食わない人を、その人の特徴を使ってたとえた経験はありませんか

あなたも好きかも:北斗のけん パチンコ 歴代
 お高く留まっている同級生を「お嬢様」と呼ぶ類いです

サディスティックな女性を「女王様」、世間知らずな女性を「お姫様」と呼んだ経験は誰にでもあると思います

あなたも好きかも:パチンコ 青森市 イベント
「デブ」とか「のっぽ」とか「ブス」とか蔑称するのも「換喩」です

 子どもは創造性が豊かなため大人よりも「換喩」が巧みになる傾向があります

つまり童心を持っていると「換喩」を思いつきやすいということです

 こちらも「隠喩」と同様、読み手に「換喩」だと気づいてもらえないことがあります

「お嬢様」をいいところのご令嬢、「女王様」「お姫様」は実際どこかの国の女王や王女と勘違いされるのです

 そのため勘違いされて誘拐事件が起きる、というのも「隠喩」の弊害といえるでしょう

提喩「提喩」は全体と部分との関係に基づき、全体である「花」でその一種である「桜」を、その一種である「小町」で全体である「美人」を表現する類いです

 全体である「太閤」でその一種である「豊太閤(ほうたいこう=豊臣秀吉)」を、全体である「山」で「比叡山」を、全体である「酒」で「日本酒」を表すといった、昔から根づいている比喩になります

 全体である事物を用いてその一種である事物を指すのが「提喩」の主な使い方です

 子どもの頃「ミカちゃん、ご飯ですよ」と言われればその一種である「白飯」だけでなく全体の「食事」を食べてきましたよね