シチュエーション お題 スロット

シチュエーション お題 スロット

じゃが、少しばかり落ち着いたらどうだ?

あなたも好きかも:ソレイユ ぱちんこ
ワシらはもう戦うような事はないし、確かにアプリコット殿とネェツアークの"もてなし"が―――説得が済んでから、降りようと考えている

アルセンの方も、"ウサギ"の使い魔が魔力を回復させるのに有効だという、ガトーショコラを、気を利かせて取り出してくれたお陰で、ガブリエルの能力を降ろしておきながらも、出せていなかった羽根を出す事も出来たからのう」「ゲココココ」グランドールが"気を利かせた"という言葉を出した瞬間に、その使い魔が、アルスの頭の上で不満気を印象付ける鳴き声を上げた

あなたも好きかも:南方 パチンコ店
「すみません、でも、何だか気持ちが焦っているのは、判っているつもりです」アルスは自分の頭部にいる使い魔のカエルに、宥めるような上目遣いの眼差しを向け、謝りながらも正直な気持ちを告げる

少しばかり、気持ちが焦る―――昂っているのはアルス自身でも感じていた

背骨など日頃は意識もしないのに、その内側、身体に血を巡らせる臓器があるという部位を、ゆるく握られている様な苦しみに、何とも言えない悲しみや焦りを混ぜた感情がそれを更に助長する

"もう、今回の儀式が終わりに近づいてきている"という出来事が、アルスの中で例えようのない焦燥感に加えて"寂しさ"を齎(もたら)している

でも、どうしてそれが自分をそんな気持ちにさせているのかが、判らない」

「もしかしたら―――」アルセンが小さく呟き、教え子の横に視線を向けると、相変わらず頭と両肩に鎌鼬を乗せたシュトが佇んでいる

あなたも好きかも:粗品 パチンコ ものまね
勿論視線を向けられ"自分に何かしら言いたいことがあるのだ"と気が付いて、会釈する

「私が今からアルスに対して、例える言葉に、もしかしたらシュト君にとって嫌な思いをする言葉を口にするかもしれません

それは多分、悪気がなくてもシュト・ザヘトにとって嫌な言葉になると思われます

それでは、私が"嫌な言葉"を使わなければいい話になるとも思うのですが、アルセン・パドリックはその例えをするのに、上手い語彙を持ち合わせていません

それでもしても構わないでしょうか?」グランドールは旧友を、アルスは耳の長い上司を、そしてシュトは鳶色の賢者を、アルセンが語る長い前置きを聴きながら思い出していた

それは"回り諄い"の一言で片づけられる言葉ではあるのだけれども、惜しんではいけない手間という物を考えさせられる響きを持っている

そして、勉強は嫌いだけれども頭の回る少年の方は十分にその意味を理解していたし、親友の綺麗な恩師が"シュトが嫌に感じるかもしれない言葉を使う理由"も、考えたなら直ぐに思い至ることが出来たので、頷いた

「アルセン様が"嫌な言い回し"って言い方してましたけれど、俺なりにこの状況を考えてみたなら、どことなく、例えに使われる言葉が予想できました

確かに、前置きされてないと、俺には嫌な言葉に聞こえていたかもしれません