パチンコ 商材

パチンコ 商材

「……お父さん、……、ありがとう」 恥ずかしそうに視線を逸らして微笑み礼を告げる優樹に、大島は間を置いて笑い掛け、腕を伸ばすと彼女の頭を撫でた

「おまえが幸せになってくれれば、父さんはそれでいい

そのためなら、父さんはなんだってするぞ」「……、うん」 大きな手で頭を撫でられ、優樹は嬉しそうに笑い、背中を曲げて大島の首にしがみついた

「……お父さん、大好き」 耳元に聞こえた穏やかな声に大島はキョトンとしていたが、にっこりと笑うと優樹の背中をポンポンと撫でた

 ――その頃学園では…… 始業の前に、立花がジョセフを渡り廊下に呼びつけた

もちろん、昨夜の話を聞かせるためだ

あなたも好きかも:カジノ 誘致
反町の友人だと自己紹介をした上で、今回の騒動を聞いて知っていることを告げると、ジョセフは、もうあまり関わり合いたくはない、という感じで頭を振っていた

当然の反応だろう

しかし、それでも、昨夜エリザと会って彼女と話したことを聞かせた

 全ては、ジョセフを試すための彼女の嘘だったんだ、と

 ジョセフは、じっと立花の話しを真顔で聞いていた

たまに悩むように考え込み、たまにため息を吐いて――

あなたも好きかも:名古屋 キング パチンコ
 エリザが、もうジョセフから嫌われてしまっていると思い、関係の修復は無理だろうと諦めているということも伝えた

すると、彼は少し戸惑いを露わにしたが、「それならそれでもういい」と肩をすくめていた

それが強がりなのかはわからなかったが、話すことは話し終え、立花は「エリザの気持ちは伝えたからな」と、彼とはその場で別れた

「……どうだった?」 ジョセフが教室に戻ったあと、柱の陰から窺っていた洋一たちに近寄った立花は深く息を吐いた

「多少、気に掛けてはいるみたいだったけどな……

あとは、一平が追い打ち掛けてみて、どう反応するか、ってトコか」 視線を向けられ、一平はうんざり気味に目を据わらせた