スロット 新代

スロット 新代

 錫杖に振れた瞬間、ギュッと目を瞑ったシュレインだったが、すぐに「え?」と拍子抜けしたような声を上げた

「どうかしたの?」 シュレインの様子の意味がわからずに、考助が首を傾げつつ問いかけた

「い、いや

普通、これほどの魔力を感じれば、多少なりとも抵抗を感じるはずなのじゃが・・・・・・?」 強大な力を持つ道具は、錫杖のようにそれだけで、魔力を放っていることがある

 そういう場合は、手に取った者に対して反発するように、抵抗してくることがある

あなたも好きかも:鹿島 パチンコ屋
 どういう結果が起こるかは、それぞれの道具によって変わってくるが、手にしびれを感じたり、普通では持てないほどの重量を感じたり、様々な現象となって現れるのだ

 これだけの力を放っている錫杖が同じようなことになると覚悟して触れたシュレインだったが、特に抵抗もなく触れられたことで不思議に思ったのである

あなたも好きかも:スロット 政宗3 勾玉
 ついでにいえば、錫杖から感じている力は、シュレインの手に移っていても変わっていない

あなたも好きかも:パチスロ ストライク ウィッチーズ 評価
シュレイン用に作った物なのに、持てなくするはずがないよ」「そ、そうなのか?」 あっさり答えた考助に、シュレインは未だ納得のいかない表情になっていた

「そうなんだよ

もともとシュレインがその錫杖を使い込んでいたというのも大きいけれどね」「なるほどじゃ

そういうものなのかの」 考助の説明に、ようやくシュレインも納得の表情になった

 ところが、その考助の説明にまだ納得のいっていない者が、ふたりほどいた

「そういうもの、なわけがないだろう?」「そうですね

先ほどから、というよりも、シュレインが錫杖に触れてからは特に、僅かですが敵意のようなものを感じるようになりましたわよ?」 呆れたような顔になってそう言ったフローリアとシルヴィアに、シュレインが驚きの顔になった

「なんじゃと!?」 シュレインは、そんなものをまったく感じていなかったので、ふたりの言葉が意外だったのだ