サンダー ドラゴン パチンコ

サンダー ドラゴン パチンコ

賢くて優しい子だし、院内でも良い子だって有名で、悪くはないと思うンだけどねえ

見た目も父親似で悪くないでしょう? 将来はこの病院を背負って立つ人間ですから有望ですよ?」 ここまで親族を褒めちぎる人も珍しい

あなたも好きかも:三重県 パチスロ
と思いながら優樹は顔を赤くして「は、はあ……」と俯き膝に視線を落とした

 ……この人は何がしたいんだろう

私と流君の仲を取り持とうとしてるみたいだけど――「あの子のことはどうかしら? 好きかしら?」 また突然問われ、優樹が顔を真っ赤にすると、覗き込んでいた伸子は「ほほほ」と笑って背中を伸ばした

「あらよかった

それじゃあ心配はいらないわね」 ……なんの心配!? って言うか何が“良かった”なの!? 今までこんな状況に鉢合わせたことがなく、オロオロと戸惑っていると、伸子は「あ、ほら」と、彼女の前に並べられているおやつを手で差した

「どうぞお食べなさいな」 勧められては断れず、優樹は「は、はい

……頂きます」と、困惑しながらも素直にケーキ皿を持って小さく切り分け口に運んだ

「どう? おいしい?」 笑顔で首を傾げられ、優樹も小さく笑みを溢した

「……はい、……とても」「よかったわ

あなたも好きかも:ウルトラ 列伝 パチンコ
お口に合うかしらと思ったんだけど

あなたも好きかも:グレンラガン スロット 極
いつも一流のお料理を食べてらっしゃるんでしょう?」「……いいえ、そんな……」 優樹はもう一口切り分け食べ、違和感を覚えつつも笑みを溢した

「……とてもおいしいです