カジノ 為替

カジノ 為替

 それを象徴する出来事はこの15日の夕刻、プロシア首都ベルリンで起きました

 プロシア王国首都ベルリン市民の間では、前日の朝には新聞の活字となる前から「エムス電報」が噂話として広まっており、怒りの感情は次第に収まりが付かない状態となっていました

煽動的な新聞はエムスの「屈辱」を号外で知らせまくり、街頭では「パリへ!」の声まで飛び始めていました

 そしてこの日の夕方、「国王が急遽保養を打ち切りベルリンへ帰還する」との知らせが街中に流れると、人々は国王見たさに大挙して駅前へ殺到し、また、ブランデンブルク門から王宮までのウンター・デン・リンデン大通りもヴィルヘルム1世を見ようとする人々で黒山の人だかりとなり、通りの窓という窓からは黒・白・赤の「北ドイツ連邦旗」や黒と白のプロシア国旗が下がって翻り、家々には煌々と全てのランプが灯されて、まるで祭りの晩のような騒ぎとなりました

 そしてこの狂騒劇の最中、お召し列車を華美過ぎるとして持たない国王はいつものように特等列車から降り立ち、民衆の喝采を浴びたのです

それはまるで英雄の帰還であり、66年の普墺戦争後に国王がベルリンへ帰還した時よりも数倍喝采の声は大きく、1813年の3月に支配者ナポレオンに対して立ち上がった「解放戦争」開戦時に巻き起こった熱狂に匹敵するものでした

 この手の庶民や一介の兵士が捧げる純粋無垢な忠誠心に、いつでも心を動かされてしまうヴィルヘルム1世は、エムス電報の件でビスマルクを問い正そうなどとの考えを一気に忘れ去って感激してしまうのです

あなたも好きかも:花火 スロット 難しい
 この熱狂にせかされるかのようにその日夜半、御前会議で対仏戦の方向が定まり、「北ドイツ連邦軍」の動員開始が決まります

しかし、これで直ちに「宣戦布告」とは行きません

あなたも好きかも:パチンコ ゼータガンダムr
そこに至るまではまだ「北ドイツ連邦」の賛意が必要で、また周辺国家がフランスに味方しないかどうかの見極めも大切です

政府は大衆のように単純に「このヤロー」と殴りかかるわけには行かないのです

 14日には既にプロシア政府公報が、「ドイツの民族統一を阻止しようとフランスが動き出した」こと、「ボナパルトの脅威が再びドイツを覆い尽くそうとしている」ことなどを大々的に宣伝し始めました