パチンコ 甲賀市

パチンコ 甲賀市

何も変わりはないですけど……」「その、遠慮がちな言葉遣いとかさ

あなたも好きかも:ノーマル スロット おすすめ
……ほら、優樹ちゃんはもっと親しみを込めて話してくれてたじゃない?」「……それは……礼儀を知りませんでしたから……」「んー

その礼儀とは違う気がするんだよね」 青草の上に小皿と箸を置いて、早すぎる腹休めに入りながら視線を落とし黙りこくる優樹に石田は優しく微笑み掛けた

「優樹ちゃんが何かに一生懸命がんばってるっていうのはすごくわかるんだ

あなたも好きかも:ふじこ スロット 終了画面
偉いと思うよ、ホントに

……ただね、上手く言えないけどさ、一生懸命も、それががむしゃらになっちゃったら……それはただ走ってるだけに過ぎないんじゃないのかな? 一生懸命がんばってる姿は、どんなに大変そうなことでも、がんばれってそう強く思えるんだ

けど……がむしゃらだと、少し休んでほしいってそう思えるんだよ

……今の優樹ちゃんだね」「……」「誰もキミのことを責めてないし、キミのことを嫌ってる人なんかいないんだよ

あなたも好きかも:パチスロ 三 号機
だから……心配になるんだ

キミのことが本当に好きで、本当に大切だから

……だからね、がむしゃらにならなくていいんだよ

……走らなくていいんだ

……キミが走らなくても、みんな、キミを追い越したりしないし、キミを残してどこにも行かないんだから」 話しを聞きながらもそっと目を閉じて俯く優樹に、石田は「……はは」と、恥ずかしそうに笑って照れ隠しした

「なんかっ……ワケがわかんないかなっ? 僕、あんまり人にこういうの話すのって得意じゃないから」「……そんなことないです」 お箸の手を止めてじっと窺っていた真里乃が微笑んで首を振る

「すごく……優しい言葉でした