スロット ギアスr2 直撃

スロット ギアスr2 直撃

 そして再装填(リロード)を終えたステラのビラール・ペロサM1915が火を噴き、洞窟の奥へと逃げようとしていたアラクネを2体ほど一気にミンチにしてしまった

「す、すげえ連射力だな…………」 弾丸を大口径の弾丸に変更したせいで、ちょっとしたミニガンのような得物と化している

ヘリに搭載しても猛威を振るうかもしれないな

 キャリングハンドルから小さな左手を外し、2つの銃身が伸びている旧式の機関銃を肩に担ぐステラ

くるりとこっちを振り向いた彼女は、俺の顔を見上げながら微笑んだ

「調査完了ですね」「ああ」 彼女と一緒に調査に来ていたのは、タンプル搭から少し離れたところにある洞窟の中だ

危険度はそれほど高くないダンジョンなので、新しい武器の試し撃ちにうってつけである

 ビラール・ペロサM1915を肩に担いだステラと手を繋ぎながら、踵を返して洞窟の出口へと向かう

あなたも好きかも:岐阜 スロット 優良店
 洞窟の外はもう真っ暗になりつつあり、灰色の砂漠を駆け抜けていく風も熱風から冷たい風に変貌しつつあった

あなたも好きかも:パチンコ 学園黙示録2 信頼度
タンプル搭に戻るよりも、最寄りの街にある宿屋で一泊してから戻った方が良さそうだ

 ラウラには後でそのことを伝えておこうと思いながら、俺はステラを連れて最寄りの街へと向かうことにした

「あの機関銃は素晴らしいです! これからステラはあの銃を使いますっ!」「あ、ああ

あなたも好きかも:パチスロ バックアップ異常
頼もしいな」「はいっ♪」 次から次へとハーピーの串焼きを掴み、口へと運んでいくステラ

彼女の傍らに積み上げられているのは、様々な料理が乗っていた皿の塔だ

このままステラが食事を続ければ、この皿の塔が天井へと達して柱と化すに違いない

 ダンジョンを調査したことで、カルガニスタン領内に残っていた冒険者管理局の施設で報酬を貰う事ができたんだけど、その報酬は多分この夕食の食費で消える事だろう