霧島市 隼人 パチンコ

霧島市 隼人 パチンコ

「……!」「生き物……人間だ……」「に、肉だ……血(水)だ……」「あ……アアウ……ァ……」 それは、飢えに耐え切れなくなった飢餓地獄の亡者達

ライの事を肉として見ており、内部に宿っているであろう血液を水としながらフラフラと寄ってきた

ライは魔族だが、そんな見た目であり人という事は分かっているらしいが分かった上で己の空腹を満たしたい感覚なのだろう

 見れば片手や片足

両手足の無い者もおり、その者が他人によって食われた後

もしくは自分で食った後があった

地獄では肉体が再生するものだが、手足を無くす事で更なる罰を与える為に敢えて再生させず彷徨《さまよ》わせているようだ

あなたも好きかも:清水 パチンコ屋
「人間? 余を人間如きと一緒にするでない……地獄でもう一度殺すぞ……!」「俺も魔族だが……まあ見た目だけなら人間と一緒か」 四肢の欠損した無数の亡者達を前に、人間として見られた事に腹立たせるテュポーンと人間ではないと一応訂正を加えるライ

あなたも好きかも:小樽 パチンコ屋
 二人は余裕のある態度で亡者達を見ており、構わず亡者は歩み寄る

「これは……エラトマの邪魔になりそうだし不本意ながら追い払わなきゃ駄目っぽいな……」「フフ、良かろう

最近身体を動かしていなかったからの

良い準備運動だ」【ハッ、羨ましいな

あなたも好きかも:アップル オンラインゲーム
お前ら】 エラトマには時間が必要

そしてこの亡者達は恐らく、ライたちの血肉から骨を食らい尽くすまで止まらないだろう

故に、少々手荒だが亡者達を一度打ちのめす事にした

 恐らくもう痛覚などの感覚も殆ど残っておらず、僅かな視力で目の前のライたちを襲う筈だ