パチンコ 古物商 たまたま

パチンコ 古物商 たまたま

「ふ、副司令官殿」 兵士は慌てて敬礼する

「ど、どうしてここに!?」「いや、なんとなく胸騒ぎがしてね

って、あたしの事より、あんたは何してんのさ?」「えっと、その…あの…」 兵は口ごもる

あなたも好きかも:パチンコ 稲沢 求人
敵が攻めてきているかもしれない…という自分の考えを、素直にエッカルトに話すべきかどうか迷ったのだ

あなたも好きかも:ど根性 ガエル パチンコ
それに、エッカルトはまだ赴任して間もない副司令官であるためどのような性格か掴めていなかった

下手な事を言えば、失跡される可能性もあった

 エッカルトの方は、そんな様子を見て取ったのか、笑顔を作り、「別にどんな理由でも怒りゃしないから、言いなよ」 と言った

兵も、エッカルトの笑顔を見て口を開く

「は、はい

その…南側から、敵のようなものが近付く気配がして…」「ん?敵…?」「あ、いや、そのう…多分、見間違いだと思うんですけど…」「案内してちょうだい」「え?」「だから、あんたの持ち場まで案内して」「は、はい、分かりました…!」 兵は、エッカルトを引き連れ持ち場へと戻る

「えっと、あっちの方で何かが動く気配がしたんですけど…」 そう言って闇を指さした

エッカルトは、その方向を凝視した

「…」「あの…やっぱり、俺の気のせいですよね…?」「しっ…!」 エッカルトは、兵の言葉を遮った

闇の中をじっと見つめたまま、耳を凝らしている様子だ

2、3分もそうした後…彼女は、兵へと視線を向けた

「ありがとう、よく知らせてくれたわ」「え、え?それはどういう…」「――敵が来たって事よ」