マクロスフロンティア スロット 2

マクロスフロンティア スロット 2

「父上、このスープは母上の……」「うむ

あなたも好きかも:パチスロ 十字架 攻略
家内には、ここに赴任した時から苦労させ通しでな……」 くそっ、お涙頂戴で籠絡するつもりかっ?「奥方、存命でいらっしゃいますな」 ウーゴがいいツッコミをくれたので、ちょっと目が醒めた

あなたも好きかも:旅打ち ぱちんこ
 で、メインディッシュは、小型の鱒のムニエルだった

「おお……川魚はグリテン島の北部に行かないと可食できるものは少ないのでは……」「この魚は村の北方、小さな川があってな、そこで獲れる」 誇らしげに勧めるエリファレット

ワインはさすがに違うだろうけど、今回のテーマは地産地消、ということらしい

 淡白で上品な脂が舌の上で溶ける

元々脂が少ないのでバターで補ったりする料理なんだけど、バターの香りを弱めにしてある

ということは、魚の方に脂があるということ

「で、このような美味しい魚を用意したということは、何か特別な提案があるとか?」 モグモグ、と鱒を咀嚼しながら訊いてみる

あなたも好きかも:ロトシックス 当たる確率
この状況は、明らかに接待だったから

 急に態度を変える相手には注意しろ、というのは商業ギルドの標語にもなっている

これは冒険者ギルド支部長として、ではなくて、迷宮管理者としての招待だってことね