セイントセイヤ スロット 不屈

セイントセイヤ スロット 不屈

「お礼って、何を」「色々してくれたから」 静かに、短く答えるサトミ

あなたも好きかも:じゃんき パチンコ 継続率
 しばし重なる、二人の視線

  空を雲が覆い、庭先に影を落とす

 少しの冷たさ、澄みきったと例えても言いような

「別に、必要ない」 淡々とした態度

あなたも好きかも:パチンコ 悶絶
 いつもと変わらない、感情の乏しい

「いいのよ

私に出来る範囲でなら、少しくらいの事は」「気を遣ってるとか、そういう意味じゃない」「だったら、どうして」  それはサトミにも分からないのか

 不思議そうに、傍らに立つ彼を見上げる

「……礼なら、先にしてもらってる」 彼女の膝辺りを指差すケイ

 そのまま背を向け、首筋を押さえながら歩いていく

「どういう……

もしかして、サトミに膝枕されたの知ってるとか」 以前ケイが襲われた時

 本当はサトミは知っていて、医療部が来るまでの間彼を膝枕していた

  私は彼女からそれを聞かせていたが、みんなが誤解しないように黙っていたのに

「悪いわね