鬼武者 スロット エアー

鬼武者 スロット エアー

あの子達が少しでも元気になれたならよかったと心底思う

「子供達を洗う係だった巫女や巫女見習いは数人だけ布団作りに置いて、残りは掃除の手伝いに振り分け直しました

では、また巡回に行ってまいります」「ありがとう、フラン

あなたも好きかも:スロット 目押し できない
よろしくお願いします」 フランは軽く頷くと、また孤児院の方へと戻って行く

 少しすると、ルッツが戻ってきた

「マイン、男子棟の地階の掃除が終わったから、これからマイン工房の道具を搬入するな」「わかった

あなたも好きかも:パチスロ 5.5 号機
よろしくね、ルッツ」「あいつら、すげぇ

掃除し慣れてる

めっちゃ速かったぞ」 そんな一言を添えて、ルッツは足取り軽く出て行く

 ルッツが行ったと思ったら、すぐにフランが戻ってきて、ギルから聞いた名前をガリガリと木札に書き足して、また足早に出て行った

 みんなが忙しい中、わたしは数日前に届いたばかりの執務机で、フランの字と睨めっこしていた

神様の名前が長い

しかも、人数が多い