パチンコ 意味 語源

パチンコ 意味 語源

ドルナジャが近寄ってきて「……まあ、見ときなさいよ」と言いながら、俺たちから見て正面の壁に近寄って口をバカッと開けると、「ビャアアアあああああああああ」謎の怪音を発しだした

顔を顰めて、耳を塞いでいると目の前の壁にいきなり扉が姿を現した

「……何なんでゲスか、これ」「共鳴粒子を利用して、視覚を歪める 古代の技術よ

この部屋の四面には、実際は扉があるわ」そう言いながら、ドルナジャが粗々しく扉を開けるといきなり、太いパイプだらけの部屋が現れた

あなたも好きかも:大正 お金
中心部には大きな白い金属で造られた立方体が置かれていてそれに目掛けて、太いパイプがそこら中の壁から何十本と伸びている

あなたも好きかも:パチンコ 球技
「これが装置ね

あなたも好きかも:酢 パチンコ
原人たちに武器や文明品を供給している装置」ドルナジャは反対側の面へとゆっくり周り込んでいく

俺も付いていくと立方体の一面に開いている場所がありその中には、複雑な電子回路の壁面に囲まれていた

天井には、細かい放射口のようなものが大量についていて床の部分からは照明が照射されている

「……?」ドルナジャはサカエの顔でニヤニヤしながら「この見た目じゃわからないわよね」としばらく困惑する俺を楽し気に見つめたあとに「3Dプリンターよ」と言ってきた

「え……あの、プラスチック製のものを 色々と造れる便利な機械でゲスか……?」もちろん現物を見たことは無いが、地球に居た時にテレビやネットでどういうものか見て知ってはいる

「……くくく……ロボットが造れて こんな塔までも造れる文明よ? そんな、用途が限られてるものなわけないですしー」「パイプからは何が……」うねるパイプがそこら中から装置に向かって伸びている

「塔内の廃棄物や、吸い込んだ塔外のスペースデブリから あらゆる金属を分解して、分類して この機械に送ってきてるの」確かにそれなら、精巧な重火器も造れそうである

「そ、それで、原人たちはここに本拠地を……

 いや、しかし、なんでレジャー用の迷路の管理所に……」ドルナジャはニヤニヤ笑いながら「住人が勝手に使えないように ランダムなフロアに、隠して設置してあったの