スロット ジャグラー 歴史

スロット ジャグラー 歴史

折角変装させたのに、うっかりと名前を話しちまっていたか……そういやそうだったな」 これはやってしまったと苦笑を浮かべて自嘲するように笑うライ

心理戦を挑んだはまでは良かったが、相手には少々ヒントを与え過ぎていたようだ

あっさりとバレてしまった

「正解だ

あなたも好きかも:パチスロ 花人‐はなんちゅ
……というか、一瞬で終わったな

……まあ、幹部の側近を連れている理由はちょっとした事情があってな俗に言う……何だろな? 取り敢えず幹部の側近に魔族の国を案内して貰っている……って事だ

側近レベルの実力者なら安全だからな」 ライはキュリテにこの国の案内を任せていると言う

 キュリテと共に魔族の街を征服して回っている事が"タウィーザ・バラド"、アスワドにも伝わっているかもしれないが、それについてはもう賭《か》けである

あなたも好きかも:スロット ブラッドプラス 評価
伝わっていないと信じ、この場を乗り切ろうと考えたのだ

あなたも好きかも:世界でいちばん強くなりたい パチンコ 沖縄モード
 アスワドの反応はというと──「……そうですか

そう言う事ならば構いません」 ──キュリテの情報が伝わっていなかったらしく、何とか誤魔化す事が出来た

「しかし側近を案内に寄越して下さるとは……ダークさんも中々器の広い御方ですね……」 クスッと笑い、ダークを褒めるアスワド

ダークはキュリテを寄越した訳では無いという事を知る由も無く、アスワドの中でダークの評価が上がったようだ

「まあ、確かに良い人……いや、良い魔族だったな

うん」 ライもアスワドに返した