スロット ギアス 初代

スロット ギアス 初代

我の毛づくろい、大儀である」「ありがとうございます!」 テムと、テムのブラッシングが趣味になったらしいシノーペは、二人でのんきにそんなことを言ってる

まあ、確かに間違っちゃいないけどさ

ただ、あの人たちどんな顔して帰ったんだろうなあ

さすがに追いかけては来ないだろうけれど

あなたも好きかも:堺市 なかもず パチンコ
 と、御者台からファンランが「ランディス殿」と声をかけてきた

ちなみにこっちは、休憩中にテムの毛皮に顔を突っ込むのが趣味になった

良いのか神獣、と言ってもテム自身が許可してるから良いんだけど

「前方に騎士が二人、見えるでござる

あなたも好きかも:ラズベリーパイ ゲーム機
二人とも、赤い髪でござるよ」「え?」 ファンランが騎士、と言っている

あなたも好きかも:パチンコ バージン 当新田
近衛騎士、じゃない

自身もそうであるファンランには、装備で分かるからな

 そして、赤い髪

俺と同じ赤い色の髪は『ランディスブランド』やその縁戚にのみ見られる色で、つまりその系統の人たちが視認できたということになる

 ファンランの肩越しに前方を見て、馬を連れて立っている騎士らしい人を見て、確認できた

あの二人は知ってる人だ……というか、何でわざわざ出てきてるんだ、あの人たち

「ファンラン、止めて

ご挨拶しなくちゃならない人たちだ」「了解でござる」 ともかく、馬車を慌てて止めてもらって飛び降りる

「降りるぞ」「あ、はい」と声がして、テムとシノーペも降りてきた

さすがに、手綱をとっているファンランはそのままにしてもらっても大丈夫だろう