森ノ宮 パチンコ バイト

森ノ宮 パチンコ バイト

その言葉はみんなの思いを代弁していたが……

 反町はじっとカードを見て、戸惑う優樹に目を向けた

「……間違いない?」「……うん

あなたも好きかも:魁 男塾 パチンコ 保留
……あの時、言われたの

私には、ホワイトチョコをあげるって

だから……」 言葉を切らして俯く優樹に、洋一と白川は目を見合わせた

あなたも好きかも:スロット 朝一 台選び バジリスク
「ほな、この中に、“その手”のモンがあるかもしれん、っちゅーことやな……」 大介がプレゼントの山を見下ろすと、「……せやな」と一平も同意した

「迂闊に触らん方がよさそうやな……」「……片付けるのは、昼にしよう」 反町は、足の靴裏で小箱を蹴って壁に寄せた

あなたも好きかも:ダークソウル2 魔術 スロット
「それまで誰も触らないように、危険物があるかもしれないって、張り紙しておいた方がいいな……」 「書くわ」と、生美が持って来ていた鞄の中からノートとペンを取り出して、大きな文字で書き出す

 華音は、俯く優樹の顔を心配げに覗き込んだ

「……優樹? だいじょぶ?」 そっと問われた優樹は、「……うん」と、か細い笑みを浮かべて頷いた

「……ありがと、華音ちゃん

……ごめんね、さっき、大声出しちゃって……」「ううん

優樹、止めてくれなかったら、これ、触ってたし」 華音は指差して、マジマジと見つめた

「……やっぱ、触らない方がいいよねえ……?」「ああ、一応な」と、反町は頷いて優樹に手を差し出した

「そのカード、オレが預かっておくよ」「……うん」 優樹は、“高見”からのプレゼントを気にしながらも素直にカードを渡した

 ――その後、立花が持ってきた箱を部室の側に置いて、注意書きの張り紙を貼ってから各自、教室に戻った

昼休みになったら、すぐに部室に集合、と決めて

 教室に戻ったらすぐ授業が始まり、優樹は教科書に視線を落とすが、頭の中はボンヤリとしていた