パチスロ エヴァ 魂の軌跡

パチスロ エヴァ 魂の軌跡

 開き直ってため息を吐く優樹に反町は少し笑った

あなたも好きかも:7月 パチンコ 新台
《ヘンなんだけどさ……》「ん?」《ずっと連絡取れなかっただろ? ……すごく優樹が近かった気がする》 優しい声色に、優樹はキョトンとした

「……近い?」《そう

……ずっとずっと気にしててさ

……電話とか出来てたときは、ずっと考えるって事はなかったんだ

……離れてるって無意識に思っていても、まだ声が聞けていたから苦にはならなかった

……けど、全然連絡出来なくなって……どうしてるだろって思って……

いろんな事を思い出してるウチに、なんとなく、振り返ったらそこにいるんじゃないかなって思えてきたり

……けど、いないってわかったときの……その寂しさは辛い

あなたも好きかも:学芸大学 パチンコ スーパーセブン
……だから余計に近かったんだ

面影が支えになってた、って、ことなのかな……》 思い返すような言葉を聞きながら、優樹は視線を落として悲しげに目を細めた

「私もそうかもしれない……

あなたも好きかも:パチンコ 豊中 バイト
必死なときとか……流君のこと、呼んでた……

呼んだら、傍に来てくれそうで……」 ぼんやりと呟いていたが、「コンコン」とノックされ、顔を上げてドアを振り返った

「あ、流君、ちょっと待って