パチスロ マブラブ 解析

パチスロ マブラブ 解析

 武力に屈して降伏ということだ

 ただし、無条件で降伏するわけではない

 オレ達の安全と自由が勝ち取れることが条件だ

 加えて、マークシートで選んだ通りに民衆や諸侯の人達の希望は叶えることも条件に含める

 その代わり、ある程度まで協力しようという方向で回答するのだ

 ただし、これはあまりにもオレ達の都合ばかりを考えた話だ

 交渉の中でどこか別の落とし所をつける必要があるだろう

あなたも好きかも:pt2 スロット
 全く飲めない話になった時のために、この魔導具を作った

 最悪、茶釜に乗ったカガミに、魔法でつくる金の鎖で海亀を引っ張ってもらって、近くの森の中へと駆け込む

 そして、この魔導具を使い、森の木々に偽装してしのぐのだ

 もっともこれは最悪中の最悪だった場合だ

 民衆や諸侯が送ってくれた人達の為にも、逃げる状況に陥るのは避けたい

 そんなわけで、とりあえず叩き台として作った偽装の魔道具だったが、思いの外高評価で、いきなり完成度の高い代物ができてしまった

「一発で傑作ができた

オレは天才かもしれないな」「そうっスね」「じゃあ、これでオッケーと

そろそろ次の目的地に行こうか」「もう少しのんびりしていかないか? 急がなくてもいいと思うぞ」「いやいや、いつ再開するか分かんないんだからさ」 ミズキは早く出発したくてしょうがないようだ

 オレ達に関係がないと思った、世の中を賑わせた魔王復活の話だが、予想外の部分で関係があった