懐かしい スロット

懐かしい スロット

「一応、ひととおりできますゾ……でも、何故に?」「あのさ、私達、迷宮にいくんだよね」「それは何故?」「そりゃ、内緒っスよ

とりあえず、宝探しっス」 下を向いて、ボソボソと答えていたキンダッタだが、ばっと顔を上げた

「キンダッタ様、どうかされましたか? 何かあったのであれば教えて欲しいと思うんです」「あっ、そうだ

ワタクシ、宿に荷物を置いたままでしたゾ」 急に呼び止めてしまったからな、なんとなく再会に嬉しくなって招いてしまったが、彼にも用事があったのかもしれない

 申し訳ないことしてしまったかも……

「そっか、宿に泊まってるんだね

どこの宿か教えてよ」 ミズキの言葉に、キンダッタは、宿の名前を言いながら簡単な地図を描いてくれた

 それから、そそくさと帰って行く

あなたも好きかも:パチンコ キン肉マン 夢の超人タッグ編
 屋敷を出る直前、カガミが走り寄り、何かを手渡していた

「何を渡したんだ?」「ドーナツです

あとは素敵な帽子と靴を作って頂いてありがとうとお礼を言いました

あなたも好きかも:パチンコ 共栄 愛媛
そうそう、今度は黙って居なくならないでくださいねと伝えました」「そうっスね

あなたも好きかも:寺田町 スロット
でも、これでイア……キンダッタさんがいたら何とかなりそうっスね」「鍵開けられるらしいからな」「迷宮への同行者は、キンダッタさんにお願いしよう

後は……誰が留守番するかだな」「留守番?」「あぁ、エルフ馬の世話なんかはチッキー達にまかせたいが、護衛が必要だろ?」「そっか