ウェアハウス川崎 スロット

ウェアハウス川崎 スロット

 まったくわかっていない考助は、シルヴィアの言葉を聞いて、内心で冷や汗を流した

 小さく肩をすくめたトワが、一瞬だけココロに視線を向けてからフローリアとシルヴィアを交互に見た

「話というのは、ココロの婚約に関してです」 そのたった一言でフローリアはトワが何を言いたいのか察した顔になり、シルヴィアはやはりと言いたげに頷いた

 リリカの補佐があるとはいえ、若くしてラゼクアマミヤの神事を引き受けていて、さらには考助の実の娘であるココロに国の内外から婚約の申し込みがあることはすぐに分かる

 ただし、今回問題になっているのは婚約の申し込み自体ではなく、その量と質だ

 同じような問題はミアにも発生しているが、こちらはココロほどではない

 それがなぜかといえば、そもそもミアは一時的に表舞台から姿を消していたこともあって、その高い能力を知る者が少ないためだ

 勿論中には、女性に能力を求めていない者もいるが、そんな輩が女性をどんな扱いをするのかは容易に察することができるので、最初から考慮の外にある

あなたも好きかも:スロット 番長3 金閣寺
 問題なのは、家柄も本人の能力も性格も、ついでに見目も全く問題がない相手の場合である

あなたも好きかも:鹿児島中央駅 ぱちんこ
 なにを贅沢なと言われそうだが、そもそもココロにその気がないものを無理やり押し付けるつもりは、トワを含めて、この場にいる全員にない

 それがひとりふたりなら、まだ丁寧に断ったうえで対処のしようもあったのだが、多くなればなるほど対処は難しくなってくる

 トワとココロが揃って相談に来たのは、そうした事情が重なったためなのだ

あなたも好きかも:スロット エウレカ3 atレベル
 ミアとはまた別の意味で、頭の痛い状態になってしまったというわけだ

 トワからすべての事情を聞いたフローリアは、ため息をついた

「それで私たちを頼ってきた・・・・・・というのはわかるが、残念ながらあまりお前たちの力にはなれないぞ?」「えっ!?」 突き放したようなフローリアの言葉に、トワが目を瞠り、ココロが驚いたような声を上げた